風俗嬢のOフロントに感嘆

理屈は難しくないどころかシンプル

風俗って、実際に遊んでみると理屈が難しくないどころか、シンプルなものだってことに気付かされると思うんですよね。自分でも遊ぶようになる前と後とではやっぱり多少印象は違います。遊ぶ前は、風俗で遊ぶハードルは結構高いのかなって思っていたんですよね。変な言い方かもしれないんですけど、選ばれしものだけが遊べるというか、そんなに遊べるものではないだろうってイメージだったんですけど、実際にはそうじゃないってことに気付かされました。だからこそ、最近ではよく風俗で遊ぶようになってきているという事実があるんですよね(笑)だってハードルが高かったら、自分なんかでは絶対に遊べないじゃないですか(笑)でも誰でも気軽に遊べます。しかも、それでいて女の子は自分のためにとにかく気軽に楽しませようとしてくれていますので、特にあれこれ不安に考えるようなこともなく、自分の中でですけどかなりありがたく楽しませてもらっているんですよ。

また会いたい子って限られていますね

リピートすることは、あんまりないんです。一期一会を信条にしているとかでもないんですけど、ただその時の気分というか、そこはもうやっぱり自分の気持ちに正直にって思うと、かつて遊んだ風俗嬢よりも、新しい風俗嬢への期待値の方が高いのであまりリピートはしないんです。リピートするってことは、期待よりも過去の信頼感の方が上回った時だと思うんですけど、男って新しい女の子の方が好きな生き物じゃないですか(笑)だから自分も風俗ではいつも自分にとって初対面となる子にしているんですけど、この前かなり久しぶりにリピートしたんですよね。Tちゃんという、天使のような笑顔を持つ風俗嬢だったんです。それに、元々ビジュアルレベルも高いしで、彼女には素直に「もう一度会いたい」という気持ちにさせられたんですよ。それもあってリピートしてみたんですけど、リピートすると案外覚えてくれているものですね。だからこちらの気分もかなり盛り上がりました。