風俗嬢のOフロントに感嘆

ダンディを目指して

ダンディな男を目指そうと思っていますので、風俗でもそのポリシーを胸に、いろいろなことを楽しみたいんですよ。美学というか、自分なりに大切にしていることは女の子との接し方です。女の子はあくまでも風俗嬢なんです。堅苦しい言い方かもしれないんですけど、サービス提供者であって、別に恋人候補とかではないんです。だから最低限、礼儀正しさを損ねてはならないなと。ただ、敬語は控えます。自分の方が明らかに年上なので、そんな自分が警護で接してしまったらかえって相手の女の子も緊張してしまうかもしれないですし、気軽な気持ちがなくなってしまうかもしれないじゃないですか。それでは意味がないんです。そうじゃなくて、女の子相手に自分が包容力を見せつつ、その包容力と引き換えに自分のことを楽しませてもらいたいって気持ちを持っているんです。だから風俗では女の子との接し方に於いて、「ダンディ」を目指したいなって思っているんですよね。

まさに癒しだと思ってきた

まさに癒し。それは風俗のことです。もしかしたら風俗に対していろいろな気持ちがあると思いますし、人によって風俗に何を求めているのかや、どういった形で楽しんでいるのかもまた、微妙に違うとは思うんですけど自分にとっては癒しなんじゃないかなって思いますね。風俗という存在そのものが癒しなんです。風俗にはいろんなジャンルがありますし、ジャンルによってバリエーションも豊富です。ホームページを見ればたくさんの女の子が在籍しているのも分かります。とにかく男側に様々な選択肢がありますけど、「選択肢がある」もまた、癒しの要素となっているんじゃないかなって思うんですよね。男が好きなように選べるじゃないですか。このおかげで自分でも風俗に対してポジティブな気持ちになれるんですよ。ポジティブな気持ちって努力してなるものじゃなくて、自然となっているものだと思うんです。それってまさに癒しそのものなんじゃないかなって思いますよね。