風俗嬢のOフロントに感嘆

当たり前じゃないからこそ気を使います

風俗での時間は決して当たり前の時間ではないと思うんですよね。お金を出しているんだから当たり前だと考えるのではなくて、こうして自分のためにいろいろなことをしてくれるのはありがたいって気持ちは常に忘れないようにしています。「サービスしてくれるのが当たり前」みたいに思ってしまったら、きっと自分の気持ちにも傲慢さが出ると思うんですよね。それでいろいろと面倒なことになると思うんですよね。例えば「こっちはお金を払っているんだからもっと頑張れ」みたいな(苦笑)その気持ちを直接口にするのではなくて、そう思わせないようこちら側もある程度気を使うことこそ、本当の意味でのお客なんじゃないかなって思うので、風俗で楽しむのであれば自分はやっぱりそれなりに楽しんでおきたいなって気持ちはありますよね。だからこそ、風俗では自分自身、あまり傲慢な気持ちにならずに、常に真摯な気持ちを忘れないようにとは思っていますけどね(笑)

あれは妄想出来るものです

コスプレにハマりつつあるんです。だからいろいろなコスプレを楽しんでいます。風俗そのものが非日常だと思うんですけど、さらに非日常感を高めたのがコスプレですよね。冷静に考えたらおかしいシチュエーションでも、風俗の場であれば、そのシチュエーションを思う存分楽しみたいなって気持ちになるものなんですよね。しかもこの前はかなり強烈でした。なぜならスクール水着だったんですよ。スクール水着の相手と楽しんだことなんてこれまで一度もありません。AV出は見たことがありますけど、まさかそんなことになるとは自分でも思っていなかっただけに、いろいろな感動がありましたね。そして、その感動が興奮を生み出しました。肌かにしたら意味がないって思ったので、スクール水着をずらしながらのプレイは、ある意味裸になるよりも興奮しました。青春時代を思い出すとかじゃなく、自分は一体何をしているのか。そんな気持ちを味わえて楽しかったかなと(笑)